カマグラの安全検証、副作用の説明

カマグラとは、インドのムンバイに本拠を構えるアジャンタ・ファーマ社という製薬会社が製造及び販売しているバイアグラのインド製ジェネリック医薬品です。世界三大勃起不全治療薬の一つとして人気が非常に高いです。また、カマグラゴールドもあり、有効成分はどちらもバイアグラと同じシルデナフィルです。同じ効果が得られる上に、かなり安く購入することができます。ただし、成分が一緒の反面、同じ副作用が出る可能性もあります。本ページはカマグラの副作用について紹介します。

カマグラの副作用はいままで、頭痛、ほてり、鼻づまり、動悸、腹痛、吐き気、などが報告されています。このほかにも、軽度の復視現象や、急な血圧の変化などの副作用が現れることもあります。こうした症状はカマグラゴールドの成分が血管を拡張する作用を持つためです。どれも一時的なもので、薬の効果が薄れていくとともに消えます。ただし個人的によって副作用は差別がありますので、もし非常に激しい反応があれば、ぜひお医者さんと相談してください。

まずデータによると、先発品バイアグラの副作用は臨床試験157例において、65例(41.40%)に副作用が認められました。カマグラゴールドは最新の製剤技術により、副作用の発見率を10%以下に控え、安全性が高いジェネリック医薬品とされています。